わくわくヒルズ メニュー

01 ごあいさつ

わくわくヒルズってどんなあそびができるの?

多様な「あそび」を揃え、
子どもの興味を引き出す工夫を施しています。
「こころ・頭・からだ」のバランスのとれた成長を促します。

ボーネルンド社の遊具を100%取り入れ!

あそぶことは生きること

ボーネルンドとは、子どもの健全な成長に「あそび」がとても大切だとの考えから、世界中から子どものあそびの「道具」としてふさわしいものを厳選して輸入販売したり、本物にこだわったオリジナルの商品(積み木、木琴など)を開発している会社です。 また、ボーネルンドがプロデュースした環境で実際に遊べる屋内施設、「KID-O-KID(キドキド)」を全国で展開し、小学校のあそび場も手がけるなど、先進的な取り組みを行っています。

アクセス

営業時間※営業時間

営業時間
平日(休館日・貸切利用時除く) 10:00~16:30
土日祝日 9:00~16:30
  • ※貸切利用ご予約日や法人イベント開催時は、営業日及び営業時間が変更となる場合がございます。営業カレンダーをご確認ください。
  • ※混雑状況により、新規入場受付を一時中断し入場制限を実施しております。入場制限実施時の対応は「入場制限実施中の対応」をご確認ください。

利用料金※大人は無料です。

利用料金
初回 90 分間 延長 30 分毎
お子さま
(1人)
500 円 200 円
大人 無料
※場内混雑時、お子様の入場人数に関わらず2 名様までの入場制限を実施致します。
回数券
(12 回分の利用券)
5,000 円

※回数券の有効期限は、発行日より 1 年間です。

団体貸切利用(子どもの利用人数が 10 名様以上より予約受付)
90 分間
お子さま(1 人) 300 円
大人(引率者) 無料

※団体貸切利用の詳細は、「団体貸切利用について」をご確認下さい。
※ご来場前に『利用規約』、下の『ご利用にあたってのお願い』をご確認くださ い。

営業時間※営業時間

営業時間
平日(休館日・貸切利用時除く) 10:00~16:30
土日祝日 9:00~16:30
  • ※貸切利用ご予約日や法人イベント開催時は、営業日及び営業時間が変更となる場合がございます。営業カレンダーをご確認ください。
  • ※混雑状況により、新規入場受付を一時中断し入場制限を実施しております。入場制限実施時の対応は「入場制限実施中の対応」をご確認ください。

利用料金※大人は無料です。

利用料金
初回 90 分間 延長 30 分毎
お子さま
(1人)
500 円 200 円
大人 無料
※場内混雑時、お子様の入場人数に関わらず2 名様までの入場制限を実施致します。
回数券
(12 回分の利用券)
5,000 円
  • ※回数券の有効期限は、発行日より 1 年間です。
団体貸切利用
(子どもの利用人数が 10 名様以上より予約受付)
90 分間
お子さま(1 人) 300 円
大人(引率者) 無料
利用にあたってのお願い

お子様の対象年齢は6ヶ月~12歳までです。
保護者の方が必ずお子様とご一緒にご入場ください。
13歳以上のお客様のみ、及び、お子様だけでのご入場はご遠慮ください。
大人のみのご入場はご遠慮ください。
混雑時には、一時受付を中断する場合があります。安全確保のためご協力をお願いいたします。(1回の利用人数定員有)
万が一会員証・カードケースを紛失された場合は、再発行手数料として200円(カードケースのみは別途)を頂戴いたします。
食べ物のお持込みはできません。
飲み物は、指定の場所にてお召し上がりください。
施設内のペットの同伴はご遠慮ください。
当施設内における事故・トラブルにつきましては一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
当施設スタッフは、あそび方の提案を通して親子のあそびをサポートする「プレイリーダー」であり、お子様の安全管理は保護者の方の責任内となりますので、お子様のお側を離れませんようにお願いいたします。

フロアマップ

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

成長に役立つ効果

「やってみたい」がみつかるしたい遊びに没頭できる。

あそび不足による体力、意力の低下

人間の複雑な動き幼児期までに身につける

今、日本の子どもたちが遊ぶ機会はどんどん減っています。あそびが減った結果、楽しくからだを動かす機会が少なくなり、子どもたちの体力は低下しています。30年前の幼稚園児と今の小学校4年生の体力が同じ。その位落ちているのです。
体力が落ちれば意欲も減退し、考える力や判断力の低下につながります。また、他者と関わろうという意欲もなくなって、コミュニケーションする力にも悪影響を及ぼしていきます。
子どものこころと頭とからだの成長は密接に関係しており、あそびの不足が深刻な状態を引き起こすのです。また、運動に関係のある脳の神経系の発育は、12歳までにほぼ100%に達します。この時期に身につけた動きは、生涯消えることはありません。なので、幼児期にできるだけたくさん経験し、身につけることが大切なのです。

「あそび」は望ましい生活習慣につながる

身長・基礎的運動能力の比較

※親の世代は昭和56年度の11歳、
今の子ども達は平成24年度の11歳。
※全国平均値は小数点以下第2位で四捨五入しています。

子どもの成長に役立つ効果

効果はバツグン!子どもは自由遊ばせよう

子どもの運動能力の低下は、次の2つが原因であることがわかっています。

①「基本的な動き」が未発達であること(動作が上手でない)
② 運動量が不足していること

子どもに何かを身につけさせようと思うとき、私たち大人はすぐに「教えよう」「訓練しよう」と思いがちです。しかし、トレーニングを重ねるより、「楽しい!」と思えるあそびの体験のほうが、たくさんの動きを自然と生み出していることがわかっています。先に紹介したボーネルンドの屋内あそび場「キドキド」では、同じ子どもたちに保育園と「キドキド」の両方で自由に遊んでもらったところ、通常保育の環境よりも「キドキド」で遊んだ際の方が動作出現数、歩数とも2倍以上も上回っていたのです。(下記結果表参照) わくわくHillsではこのような結果を得ている「キドキド」にならった環境づくりを目指しています。

通常保育環境との動作・歩数比較

身につくチカラ

「あそび」から、生きる力が湧いてくる。

自発的な意欲を高める

生き生きとあそぶから自然チカラが身についていく

あそびは、「やってみたい」という子ども自身の内発的な動機付けからスタートします。自分で選んでしていることだからこそ、生き生きと取り組み、追求することができます。たとえ失敗したとしても、その結果を自分で引き受け、今度はこうしてみよう、と次につなげることができます。試行錯誤したすべてが子どもの中に生きる知恵として蓄積していき、生きるために必要な力を獲得します。 その過程で、その信じる自尊心、意欲、自分を取り巻くこの世界や他者への興味関心も育っていきます。
子どもがのびのびと、ありのままのその子として生き、成長する「あそび」の時間を、もう一度大切にしてみてください。

アクセス

わくわくヒルズ

〒959-2205 新潟県阿賀野市寺社甲3848-212
【社会福祉法人 かがやき福祉会内】

TEL/FAX 0250-68-1310